オススメの漫画や乙女ゲームを紹介するレビューサイトです。

漫画と乙女ゲーム大好記

R18乙女ゲーム

[R18乙女] Under the Moon ~つきいろ絵本~ キャラ別感想 ネタバレ有

投稿日:

Under The Moon つきいろ絵本

こんばんは。いちごです。前回のブログでは「[アダルト乙女PC] Under the Moon(アンダーザムーン)キャラ別感想 ネタバレ有」を書きました。今回はアンダーザムーンのファンディスクである「Under The Moon つきいろ絵本」の言いたい放題ネタバレブログを書いていきます。

乙女ゲームの中でも上位のエロさであるアンダーザムーン。ひよさんのシナリオも面白かったし、エロエロも堪能できたし大満足のゲームとなりました。せっかくなのでファンディスクもプレイしたいなと思いまして、さっそくポチッと買っちゃいました。

ということで、アンダーザムーンのファンディクスのネタバレ感想始まります\(^o^)/

苦手な方はそっとページを閉じてくださいね。またR18ゲームになりますので18歳未満の方はご注意ください。

※ブログをTwitterなどでシェアしていただけると泣いて喜びます!

アンダーザムーン つきいろ絵本の簡単なあらすじ

天使と悪魔と魔物がいる世界の物語。無印であるアンダーザムーンは、魔力を失いつつある魔王の後継者を探しに人間界に下りたお話でしたが、今回のファンディスクは、まだ魔王が元気だった頃のお話になります。

城で大事に育てられた魔王の娘アーシェは、強大な魔力から、すでに次期魔王としての期待も大きい女の子。
今まで殆ど城から外に出たことがないため、友達といえばケット・シーのカイルだけで、まだ恋もしたことがない。
いつか運命の相手が現れるはずと、まだ見ぬ相手に憧れを抱いている。

ということで今回のテーマは「初恋」です。大切に育てられたアーシェは、箱入り娘ならぬ城入り娘!恋をしたこともなければ、お友達はカイルだけ。そんなアーシェが初恋をする甘い甘い物語です。

オープニングムービー

キャラクターのおすすめ攻略順

ファンディスクなのでお好きなキャラからプレイしたら良いと思います!ただカイルだけ攻略制限がかけられています。魔王エンドを見ないとカイルルートが公開されないのでご注意ください。

ちなみに私のプレイ順はこちら。

  1. 瀬名
  2. ゼロ(魔王)
  3. ユナン
  4. カイル
  5. セイジュ
  6. レニ

ゼロルートプレイ中に選択ミスをしてしまって、魔王エンドになってしまいました(笑)

アンダーザムーン つきいろ絵本のキャラ別感想

では、恒例のネタバレ有りの言いたい放題感想始めます!

瀬名

アーシェ専用の青薔薇園にぼろぼろの男の子が倒れていた。

それが瀬名くんでした。

無印のときから心に闇を持っている瀬名くんでしたが、今回もボロボロで倒れていたりとなかなかつらい環境の彼です。

お城から出てはいけないけど、幸せそうに暮らしているアーシェを見て、

「君は自由と引き換えに幸せを手に入れたんだね」

と言う瀬名くん。

もうね、台詞が重い……( ;∀;)

相変わらず闇が深いです。瀬名くん。

瀬名くんを匿う代わりにチョコレートをもらうのですが、甘いホワイトチョコが好きなアーシェにブラックチョコが好きな瀬名くん。

まるで2人の住む世界を表しているような気がしました。

ハッピーエンドでは、セナと結ばれてカイルに助けてもらいながら魔界を出るアーシェ。

出ていく時にカイルが、

「ずっとずっと、愛しておりました。姫様、幸せになってくださいね」

というセリフが最高でしたー(´;Д;`)

人間界に降り立った2人は、人間の学生として幸せに暮らすのでした。

ゼロ(魔王)

アーシェがイチゴを食べていたらゼロが登場しました。

ふっと現れてサッと消えていく。なんともミステリアスな人。

アーシェに「魔王になってほしい」と願いながらも

だめだだめだと言いながらアーシェに手を出すゼロ\(^o^)/

大人のように見えて辛抱足りませんwww

しかし実は、このゼロはアンダーザムーンの前作のバッドエンドからきたゼロだったのです。

アーシェが魔界に帰ってしまって自害してしまったら、この世界に飛ばされていたというゼロ。

過去の世界かと思いきやパラレルワールドの世界だったんですね\(^o^)/

あっち(無印)の世界でアーシェが不幸になっているのに、俺だけがこっちの世界で幸せになれない!といって幸せを拒むゼロ。

でも、あっちの世界のハッピーエンドでは他のゼロがイチャラブして子供まで産んでるから気にしないで大丈夫だよww

って言ってあげたくなりましたw

まあ、でもアーシェの説得に応じて、ゼロは目の前のアーシェを幸せにしようと割り切って2人は幸せに暮らすのでした。

ユナン

図書館で本を読んでいると、ユナンがナイフを持って立っていました。
アーシェを殺しに来たというユナン。

ひゃーーー\(^o^)/たいへんだー\(^o^)/

ユナンはまさかの暗殺者としての登場です!

でも確かに無表情で感情がないユナンは暗殺者に向いているw

翌日、魔王に改めてユナンを紹介されたのですが、

その姿はやはり似てる!
やはり親子です!

自分は魔王の本当の息子なのに、魔王は魔力が強い血の繋がっていない女の子に愛情を注いでいます。

そんな親を見て、ユナンはどんな気持ちだったのでしょうか。

私だったらグレちゃうね!\(^o^)/

実はユナンは伯父さんに言われてアーシェを殺そうとしていました。

伯父さんとの生活は決して良いものではなかったけど、自分を育ててくれたのは伯父さんだから…とユナンは伯父さんの命令に服従するのです。

魔王がちゃんと自分の息子を育てておけばこんなことにならなかったのにー!

って思いましたね。幼なじみで婚約者としてふたりともお城に置いておけば皆幸せだったのにw

いや、でもそれならゲームにならないかw

しかしユナンは愛を知って、暗殺計画を阻止します!

しかし暗殺方法がお粗末な内容でしたw
もっと確実に殺せる方法があったのでは…と思ったのですが、細かいことは気にしません。

ぜんぜんおっけーですww

暗殺を阻止したユナンは、自分の罪を自分の中で消化するために姿を消します。

ちなみに、アーシェとやったあとで消えちゃうからね\(^o^)/
一瞬やり逃げかと思っちゃいましたw

しかし、無事に帰ってきて魔王にも許してもらって、2人は結婚するのでした。

無印は見られなかったハッピーエンド。

魔王さまの思惑通りにいって一番嬉しいのは魔王さまかもしれないですねw

カイル

最初に水をかぶったせいで人型に戻ってしまうようになったカイル。

水をかぶった時に「一緒にお風呂に入ろう」とアーシェが言っていたから、お風呂シーンが見れるかと思ったのに見れませんでした(激悲)

カイルルートでは魔物の反乱により魔界は荒れています。

アーシェ狙う人もいたのですが、人型のカイルが撃退してくれるのです!

おおおお!カイル、かっこいいぞー\(^o^)/

しかしせっかくアーシェを守ったのに、アーシェの前で人型になったという理由で、カイルは魔王に処罰されることになります。

カイルは魔物との暴動を抑えると約束して旅に出る。

この時のカイルったらかっこよくて。

前作のバカップルでペットなカイルとは大違いです←ひどいw

そして争いを鎮火するために旅をしていたカイルは城に帰ってきました。

頑張ったカイルに魔王さまは、功績を残した褒美として処罰はなしとする。ただし信用できないから城を立ち去れと命令します。

ひどい。使うだけ使ったらポイ捨てですよ。

カイルにだけ異様に冷たい魔王様です。

しかし!な、なんと、カイルが、魔王に立ち向かったのですよ!

今まで見せていたフニャフニャカイルが成長を経て魔王に反抗するなんて。

そんなにアーシェのことを愛しているのね…( ;∀;)

魔王に立ち向かって殺されても文句言えないからね。。

ひゃーーっ!
素敵すぎる。

いつもひ弱なカイルの男らしい姿を見れて最高でした!

セイジュ

現れました!セイジュです!
無印での闇っぷりもすごかったので、ファンディスクも楽しみにしていました。

双子が姫様の近衛兵としてやってきたところからのスタートです。
年の近い友達ができて嬉しかったアーシェは、双子を月の見える見張り台に連れて行きます。

大きな丸い月と湖に映った月。
セイジュは湖に映った月を自分だといいます。

最初から劣等感をビシビシ感じます\(^o^)/

もうこの頃から病んでいたのねー\(^o^)/

きっと小さい頃から自分とレニを比べて自信がなかったことでしょう。

休日では、アーシェがかくれんぼしたいというから、3人でかくれんぼします。
レニが鬼で、セイジュとアーシェは見張り台に隠れます。

そして初めてのキス!!

いやーっ、あっまいですなー。セイジュのとろけるキス!

レニの元に帰り、アーシェとの仲を見せつけるセイジュ!

前作とやること変わってませんwww

誕生日に着るドレスをセイジュに見せに行ったら、

「君って子は、本当に可愛いんだから」

と嬉しそうにしていたかと思うと

「だけど・・・本当にバカな女」
「誰がそれを見せにきてって頼んだ?僕はそんなこと一言も言ってないよね」

と、ひどい言葉を発するセイジュ!

やっべーwww

これがセイジュ様だー\(^o^)/

それから色々あって2人が両思いになってからはイチャパラです!

やはり自分に自信のないセイジュはどこか卑屈だけど、アーシェが一生懸命好きだと伝えます。

レニは近衛兵の試験の前に城を去り、アーシェと一緒にいたセイジュはどんどん力をつけて魔王になったのでした。
ようやく永遠という言葉を笑って言えるようになったセイジュは素晴らしい成長だなと思いました。

レニ

ダンスのレッスンから逃げていると、つまづいてレニの胸元に乗っかっちゃいました!
そしてレニはばあやから匿ってくれます。

おおおー!
レニー!

バレないように抱きしめるその姿は胸キュンです\(^o^)/

そして現れたセイジュにすでに俺のものだと言わんばかりに手を繋いで出てきます。

先手必勝ってやつですね\(^o^)/
この双子達はw

ダンスの練習に付き合ってくれたりと、見た目は無愛想だけど優しいレニ。

ツンデレ最高かよ\(^o^)/

そして、かくれんぼではセイジュが鬼になってしまうのですが、セイジュ探さずに部屋に戻っていったからねwww

うおーいwww
セイジュよーいwww

しかしレニは隠れてアーシェと初めてのキスですよ!

「……姫のことを愛してしまったと言ったら……困るか?」
「おまえを愛している。おまえを初めて見た瞬間、恋に落ちた。こんなことは……初めてだ」

この台詞…。なんだか懐かしくて胸キュンしました( ;∀;)w

そして若干のすれ違いもあったけど2人は両想いに。
かくれんぼを途中で抜けたセイジュが邪魔しにきたりしたけど、2人の愛は強いですなw

口にキスをしてくれなくてモヤモヤしていたけど、セイジュのおかげで、レニはアーシェと結ばれることができたのでした。

ラブラブな2人だったのですが、1つのエンドでは魔王にばれて、双子は人間界に永久追放されてしまいます。

これが、無印につながっているんですね。
もちろんアーシェは記憶を消されてしまいます。

ハッピーエンド では誕生日パーティのダンス役に出てきたレニ。

色んな人の前で公開告白\(^o^)/

みんなの前で宣言されたら魔王候補として認めざるを得ない魔王は、2人を認めたのでした。

そして末永くお幸せに〜。

全体的な感想

ということで、アンダーザムーンのファンディスクが終わりました。前作のボリュームから考えるとさくっと終わります。

前作では愛憎ルートと純愛ルートをそれぞれ楽しめて二度美味しい感じでしたが、今回は割りと皆甘々です。

ヤンデレ化する瀬名君とセイジュも、闇の部分や卑屈なところは見えるものの、そこまで病みませんでしたw

しかしひよさんの描くヤンデレは、相変わらずリアルで良いです!

個人的には、レニのツンデレ最高でした\(^o^)/

アンダーザムーンがこれで終わりかと思うと少し寂しいです。

個性豊かなキャラたちが皆幸せになりますようにと願いを込めて。

アンダーザムーン つきいろ絵本の総合評価

ということでアンダーザムーン つきいろ絵本の評価です。

総合   ★★★★★(3.8)

エロ   ★★★★☆
シナリオ ★★★☆☆
イラスト ★★★☆☆
キャラ  ★★★★★
音楽   ★★★★☆
システム ★★★★☆

【エロ】

シナリオのボリュームが少ないから、エロも少なめです。前作がエロエロだったので、少し物足りなさを感じてしまいました。猫カイルとのお風呂シーンとか見たかった←

【シナリオ】

ボリュームは少ないけれど、シナリオはしっかり作られていました。短いけど満足度は高いです。でも前作で愛蔵ルートがお好きだった方には少し物足りないかもしれないです。

【イラスト】

もともとヒロインの目が大きいのが気になっていました。今回のファンディスクでは、なぜか立ち絵が変わっていましたー!なぜだー!立ち絵はそのままでいいからその分スチルを増やしてほしかったですw

【キャラ】

キャラは相変わらず最高でした。レにもセイジュもカイルもユナンも瀬名くんもゼロもよかった!ついでに言えば魔王も攻略できたらよかったです\(^o^)/魔王がイケメンで驚きましたw

【音楽】

音楽も相変わらず良かったです!

【システム】

システムは変わらずサクサクでした。選択肢も少ないので簡単です。ボリュームも少ないので選択肢ミスをしてもそんなにストレスになりませんでした。

ということで、総合評価は5段階評価で「3.8」でした!

ボリュームは少ないですが、サクサク楽しめました。「ああ…これでアンダーザムーンも終わりなのか…」と思うと少し切なくなりました。アンダーザムーンはイラストが苦手でなかなか手を出しませんでしたが、想像以上に面白く夢中になってプレイしました。

かなり昔の作品ですが、時代を感じさせない設定なので今でも十分楽しめると思います。本当にありがとうございました!

製品情報

Under The Moon 〜つきいろ絵本〜

ブランド(制作) : シュガービーンズ
ジャンル : AVG
メディア : DVD-ROM
企画・原案 : ひよ
原画・キャラクターデザイン : 東条さかな
シナリオ : ひよ
音楽 : drops-tone
年齢制限 : 18歳未満の方はご購入できません
音声 : あり(主人公含めフルボイス:主人公ボイスON/OFF可)
発売日 : 2007年8月24日(金)予定
価格 : 4,800円(税込5,040円)
販売元 : (有)アスガルド
その他 : 『Under the Moon』本編がなくてもプレイ可能

おすすめのゲーム

「Love Drops」シュガービーンズさんの1作目。ゼロの弟が出ているということなので楽しみです。

「いじわる MyMaster」シュガービーンズさんのUnder The Moonの次の作品です。

 

更新情報はTwitterで行っています。よければフォローお願いします(*^^*)

良ければバナーをクリックして応援お願いします\(^o^)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

乙女ゲームランキング

-R18乙女ゲーム
-

Copyright© 漫画と乙女ゲーム大好記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.