ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

PSVita乙女ゲーム(BL含む)

[PSvita] ピオフィオーレの晩鐘 攻略順やキャラ別感想 ※ネタバレ有無を選べます

投稿日:

こんばんは。毎度毎度のいちごです(*^^*)
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

オトパまで残り4日となりましたね!早いです\(^o^)/

私は今回初参戦なので楽しみと緊張でワクワクしています♪楽しかったらいいな〜。

さてさて今回の記事では8月30日に発売されたオトメイトさんの新作である「ピオフィオーレの晩鐘」の紹介ブログを書いていきたいと思います。

前回プレイしたシャレマニが楽しすぎたので、流石に連続で楽しくはないだろう〜思っていたんですが(失礼)、とても楽しくてびっくりしました\(^o^)/

※シャレマニのブログはこちら↓
[PSvita] CharadeManiacs(シャレマニ)キャラ別感想 ※ネタバレ無と有を選べます

購入を悩んでいる方の参考になればいいなと思います。

ネタバレについて

★ネタバレ記事を隠しています。未プレイの方も安心してご覧ください。ゲーム購入の参考になれば嬉しいです。

★ネタバレ記事には愛情たっぷり言いたい放題ツッコミ多めになっています(スチルバレあり)。苦手な方はご注意下さい\(^o^)/

ピオフィオーレの晩鐘の簡単なあらすじ

時は、20世紀初頭。
舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。
この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。
ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、
とある事件をきっかけにいずれかの組織へと身を寄せることとなる。
なぜ彼女が狙われるのか。
なぜ彼女は求められるのか。
期せずして鍵を握る存在となった『リリアーナ』は非日常へと巻き込まれていく――。

〜公式サイトより抜粋〜

オープニングムービー

キャラクターのおすすめ攻略順

ピオフィオーレの攻略キャラは5人です。そしてガチガチの攻略制限があります。

  • ダンテかニコラのどちらかをBESTエンドもしくはGOODエンドでクリア楊、オルロックのルートが解放
  • 他キャラクター全員のルートをBESTエンドまたはGOODエンドでクリアギルバートのルートが解放
  • 大団円ルート全員のBESTエンドをクリアで解放

そして公式さんはダンテから始める場合とニコラから始める場合を紹介してくれていました。

私はニコラからプレイしました。全員プレイした後で、ダンテから始める場合とニコラから始める場合のそれぞれの良さがあるなと思ったので、ダンテとニコラどっちがいいかそれぞれの理由を書きます。見たくない人もいるかも知れないので一応隠しておきます。

ダンテから始める場合

  1. ダンテ
  2. ニコラ
  3. オルロック
  4. ギルバート

楊、ニコラ、オルロックについては極論、順不同です。

▼ダンテから始めるおすすめ理由

ニコラから始める場合

  1. ニコラ
  2. ダンテ
  3. オルロック
  4. ギルバート

こちらは楊とダンテについては順不同です。ダンテが気になったら楊より先にダンテをプレイするの大丈夫。

▼ニコラから始めるおすすめ理由

各キャラの刺激ランキングについて

キャラのシナリオの雰囲気が全然違います。刺激(ドキドキハラハラなどの感情の変化)が多いかどうかを考慮してプレイしたい方は、以下のキャラごとの刺激ランキングをご覧ください。一応隠しておきます\(^o^)/

▼刺激ランキング

ピオフィオーレの晩鐘のキャラ別感想

では高齢のキャラ別感想いっときます\(^o^)/ネタバレ部分は隠しておくのでご安心ください?

リリアーナ・アドルナート

物心ついた頃から、教会で暮らしている。
とある事件をきっかけに、ブルローネマフィアに関わることになる。自身の家族のことや、生い立ちについての一切を知らない。

▼ネタバレを読む

ニコラ・フランチェスカ

ファルツォーネファミリーのNO.2。
おおよそマフィアらしく見えない、人の良さそうな風貌の優男。
典型的なイタリア男で、女性慣れしている。
ダンテとは従兄弟同士。
息をするように嘘をつく。

▼ネタバレを読む

楊 CV:

【老鼠ラオシュー】と名乗り、組織化している中国人集団の首領。
常に薄ら笑いを浮かべている感情の読めない謎の多い男。
相手の感情を逆なでするのが趣味。
『楊』は通り名であり、誰も本当の名を知らない。
気分屋で刹那主義。自身の享楽の為なら他の誰の犠牲も厭わない。

▼ネタバレを読む

ダンテ・ファルツオーネ

ファルツォーネファミリーのカポ。
まだ年若いが、幼少より英才教育を施された正統な後継者。5年前に父親を亡くし、カポを引き継いだ。
冷徹に見られることが多いが、一度懐に入れた人間に対しては情が深く、面倒見もいい。
血筋と伝統を何より重んじる。

▼ネタバレを読む

オルロック

それぞれの組織に出入りしている情報屋。
口数が少なく、素性は誰も知らない。
仕事を離れたところではやや一般常識に欠ける一面も。

▼ネタバレを読む

ギルバード・レッドフォード

ヴィスコンティ一家のボス。
俺様で派手好き、自信家という面もあるが、人当たりはよく誰に対しても気さく。
ファルツォーネとは考え方の違いから対立している。
慣習に縛られない革新的な思考を持ち、自由を愛する。

▼ネタバレを読む

全体的な感想

はい、ということで全体感想に入りたいと思います。

いつも短くまとめたいと思っているのに、今回のブログも凄いボリュームになってしまいました。

ピオフィオーレを一言で表すと、めっちゃ楽しかった\(^o^)/です。

これ本当にVitaですか?PCじゃないですか?

クオリティ高すぎてでしょ。オトメイトさん、ありがとうございます!

一生ついていきます\(^o^)/

って言いたくなりました。

もともと私はグロエロが大好物なので、本当に楽しかったです!
刺激的なゲームがお好きな方はかなり楽しめると思います。

気になっているのならば、いっちゃいましょう\(^o^)/

▼ネタバレを読む

ピオフィオーレの晩鐘の総合評価

ということで ピオフィオーレの晩鐘の評価です。

総合   ★★★★★(4.7)

シナリオ ★★★★☆
糖度   ★★★★★
イラスト ★★★★★
キャラ  ★★★★★
音楽   ★★★★★
システム ★★★★☆

【シナリオ】

  • とても良かった。刺激的なキャラと平和なキャラと交互にやることで気分が上がったり下がったりと最高でした。
  • エンディングはBESTEND、GOOD END、BAD ENDと3種類にゲームオーバーが何個かあります。BADも作り込まれていて最高でした!
  • 共通は1時間ぐらいで個別が6時間ぐらいでしょうか。ボリューム満点。
  • CERO:Dということもあり刺激たっぷりでした。ありがとうございます。
  • ただ真相ルートがとあるルートと同じ流れだったので飽きて寝落ちが発生して残念でした。

【糖度】

  • さすがCERO:Dですよ。キャラによって差はありますが糖度もエロもバッチリでした。ありがとうございます。

【イラスト】

  • イラスト綺麗すぎました。久しぶりにスクショをバンバン撮ってしまって、ピオフィだけで330枚になってしまいました(撮りすぎ…)せっかく撮ったので、ブログにもいっぱい活用してしまいました\(^o^)/

【キャラ】

  • キャラ萌え最高でした\(^o^)/
  • メインはもちろんサブキャラまで大好きです\(^o^)/
  • 特に楊が気になってる人はやって後悔はないと思います!!

【音楽】

  • 音楽も良かったです。ハラハラしたりドキドキしたら、場面に合った音楽が流れてきました。

【システム】

  • 相変わらずジャンプ機能はないですが、サクサク動きます。
  • 左上にMEANWHILE STORY のアイコンが出てくるのですが、これがわかりにくかった。自動で再生されるものもあれば自分がタップしないと再生されないものもあります。物語に割と重要な内容もあるので、見逃さないように注意してください。
  • キャラのステータスの見方が分かりませんでした。

ということで、総合評価は5段階評価で「4.7」でした!

シャレマニがとても良作だったので、ピオフィに期待していなかったんですが、とても楽しかったです\(^o^)/最近のオトメイトさんの新作が楽しすぎて本当最高です。ありがとうございます!

製品情報

おすすめのゲーム

せっかくなので今後のオトメイトさんの新作をご紹介します。

更新情報はTwitterで行っています。よければフォローお願いします(*^^*)

ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

-PSVita乙女ゲーム(BL含む)

Copyright© 漫画と乙女ゲーム大好記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.