ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

PSVita乙女ゲーム(BL含む)

[PSvita] DIABOLIK LOVERS 無印!初ディアラバのキャラ別ネタバレ感想 

更新日:

ディアラバ 無印

こんばんは。いちごです。今回のブログでは、人気の問題作「DIABOLIK LOVERS」をプレイしてみたので、感想をいつものように好き勝手に書いていきたいと思います。ネタバレ感想や辛口コメントなどもあると思いますので、苦手な方はそっとページを閉じてください。

ディアラバ 無印 の簡単なあらすじ

感想の前に簡単なあらすじを。この物語は吸血鬼6人兄弟の物語です。主人公のユイはお化け屋敷と言われるお屋敷で居候することに。そこにはドSな6人の吸血鬼がいます。人間を「餌」としか思っていない彼らと主人公はどのような生活をしていくのか。イケメンヴァンパイヤ兄弟と主人公の過激なお話です。

オープニングムービー

私はゲームのオープニングムービーが大好きなんですが、ディアラバのOPはいいですね。見ているだけでテンションが上がります。そして、エンディングも最高なんです。逆巻アヤト(CV:緑川光) の「幻日理論-Parhelion Logic-」で声がめちゃくちゃカッコイイんですよ。

ゲームが終わった後で見ると、更にテンションが上ってしまいます。ああ、色々あったなと。。

ディアラバのキャラ別感想

私の攻略順は以下の通り。

逆巻アヤト→逆巻カナト→逆巻ライト→逆巻レイジ→逆巻スバル→逆巻シュウ

最初に、逆巻アヤトをやって免疫を付けたほうがいいという情報をネットで発見して、このような順番になりました。スバルとシュウはどちらを最後に持ってこようか悩んだんですが、人気投票で1位だったシュウを最後に持っていきました。

しかし、個人的にはスバルが一番だったので、スバルとシュウを入れ替えて最後にスバルがよかったかもと思いました。

というか、ライトとレイジはネタバレがあったりするので、公式サイトの順番でプレイするのが一番よいかもです。最後にスバルで癒される的な。

[おすすめ] 逆巻アヤト→逆巻カナト→逆巻ライト→逆巻シュウ→逆巻レイジ→逆巻スバル

では、実際の攻略順のとおりにキャラ別感想を書いていきたいと思います。

逆巻アヤト

逆巻アヤト

初めては一番好みだった逆巻アヤト。というか、最初に出会ったので一番印象が強かったw 逆巻三つ子の長男であるアヤトは、まさに暴君。そしていじめっ子。トラブルメーカー。

主人公のことを「チチナシ」と呼びます。とにかくいたずら好きで口が悪いドエス。主人公の血を吸いまくるんですが、身体の関係を持ったら血の味が変わるとか言ってて。初めてのセクロスはいつの間にか終わっていました。危うく見落とすぐらいあっさりと書かれていてビックリしましたw

気がついたら、あれ?もうやってたの君たち!?って感じでしたわ。

一番印象に残っているのが「針の椅子に座りたくなかったらオレにしがみつけ」(←うろ覚え)とか言って、一生懸命しがみつく主人公の血を吸うシーン。一生懸命アヤトにしがみつくユイちゃんを想像したら萌えました。

お話が進むにつれて、だんだん独占欲が強くなっていくんですが、ドSっぷりは変わりません。兄弟の中で一番偉そうで、常に上から目線で、イラっとすることもあったのですが、甘えてくる姿にキュンとすることも。後日談が甘々でニヤニヤしました。

アヤト君、一番始めの攻略キャラで戸惑いながらスタートしたということもあり、また次の攻略キャラの印象が強すぎて、コンプリ後はあまり印象に残っておりませんでした。すいません( ;∀;) でもエンディングがすごく良くて何度も聞きました。エンディングはアヤトの声優さんが歌ってたんですね!

逆巻カナト

逆巻カナト

彼こそ、このゲームの超重要人物ではないかと思う。「なんだこのぬいぐるみ持ったロリ系の男の子は」と思いながら、2人目に選んだのは三つ子の次男であるカナト君。

主人公ユイちゃんのことを「君」と呼びます。

好みではなかったのでサクッと終わらせようと思っていたんですが、冒頭で「あーあ、そいつを選んじゃったか。一番大変なのに」的なことを兄弟の誰かが言っていて(すいませんうろ覚え)「え、そうなの?こんなに可愛いっぽいのに?」とびっくりしたんですが、プレイを進めていくと・・・

ヒステリーやばすぎワロタ\(^o^)/

やばいです。この子、本当にやばい子です。お子さんが近くにいる方ならわかると思うんですが、魔の2歳児ってこんな感じですよね。どこで切れポイントがあるかもわかんないし。いきなりヒステリーを起こす。

見た目はこんなに可愛いのに、すっげやばいやつです。

しかし初めての営み後、いきなり主人公のユイちゃんを信用します。大切なテディを預けたりとか。

態度変わりすぎワロタ\(^o^)/

このカナト君、声優さんがやばいんです。声優さんの素晴らしい演技力がハマってしまって、途中から怒り狂うカナトくんの声を聞きたくてワクワクゲームを進める自分がいました←

そしてエンドは全て兄弟みんな死んでいましたw もうどれがハッピーエンドなのかわからない。むしろ全部バッドエンドだろ!と突っ込みたくなりました。

カナトの叫び声を聞いてから、ディアラバの世界にぐぐぐと前のめりになりました。こんなゲームやったことない\(^o^)/

逆巻ライト

逆巻ライト

そして3人目の攻略は、三つ子の末っ子ライト君です。この人はただの変態ですwww

主人公のことを「ビッチちゃん」と呼びます。

罵っても喜ぶし、嫌がっても喜ぶし、基本的に何をしても喜びます。主人公が自分以外の誰かにやられているのを見ると興奮するという最悪な性癖をお持ちです。MとSの見事な融合をしているまれなお方です。

「肉体を傷つけるのは好きではない」という彼。さっき散々カナトくんに身体も心も痛めつけられていたのでホっとした自分がいたんですが・・・

ライト君はただのエロオヤジでした\(^o^)/

もう、ビリヤードの棒で洋服の中を弄ったり、裸エプロンを強要したりとやりたい放題なエロオヤジです。

でも同じく変態な私は、ワクワクドキドしてその光景を見ているのですが、ストーリーがいいところで終わっちゃうんですよね。

ええーこれからじゃないか!なんで次のストーリーにいっちゃうんだよー!!怒

と。何度思ったか分かりません。ライト君ルートは、エロいシチュエーションが多かったので、話が中途半端なところで切られるところが多かったかなと思いました。

モヤモヤしながら強制的に次のストーリーを見せられる感じは、まさにドSゲーム・・・と、深く感じました。笑

逆巻レイジ

逆巻レイジ

4人目の攻略はレイジ君。ライトの変態っぷりに疲れていた私。次はレイジかー。でもあんまり好みのタイプではないからサクサクいっちゃおーとと思いながら割りと投げやりに進めていったのですが・・・

三つ子のせいでレイジが優しく見える\(^o^)/

さっきまでさんざんいじめられた三つ子たちのせいで、レイジがすごく優しく見えます。

え、勉強教えてくれるの?
え、カルボナーラ食べさせてくれるの?
え、私のためにそんなことしてくれるの?

たまにムチでビシバシ叩かれるけど、そんなの序の口です。さっきまでナイフで身体を切り刻まれたりしていたんだもん。

なんか久しぶりに人として扱われた気がする(←実際は扱われてないw

ていうか、なんかお母さん?的なポジションの彼。

すごく癒やされました。レイジありがとう。私、レイジに一生ついていくって思っちゃった。思っちゃったよ。殺されかけたけどな。謝ってくれただけで嬉しかったんだー(←もう完全に三つ子に汚染されてるw

コードリアに乗っ取られてからは、やられたい放題のレイジさん。それでもユイのことを大切にしたいからということで、コーデリアに従います。ハッピーエンドでは、ユイを助ける薬を作ってめでたしめでたしなのでした。

そして、私の見落としかもしれないけど、レイジと主人公は血を吸うシーンはあったけど、やっちゃってるシーンがなかったような?私の勘違い?

ちなみにレイジさんのルートで謎がほとんど明らかになりました。

逆巻スバル

逆巻スバル

5人目の攻略対象者はスバル君です。はい。もう私のツボでした。スバル君。

最初は、なんだこの暴力男は!絶対に嫌だ。こんなやつ!

と、思っていたのですが・・・。

今まで攻略してきた4人(三つ子とレイジ)は、ことごとくユイちゃんのやる事を否定して禁止させてます。たとえば教会に行っていたら「二度と行くな」と言ったりね。

でも、スバル君は、ユイちゃんを尊重しているんですよ。スバルルートでは、教会のシーンが多かったのは、スバルの優しさなんだなと思ったんでゲス。今までの攻略キャラは教会シーンはほとんどなかったのだ。

しかも途中で不憫なゆいチャンを逃してやろうとしていましたからね。

もう、なんだよ。この野郎!萌えるじゃねーか!!!

あと、血は吸うものの、キスすら終盤までしませんからね。もうね。焦らされましたよ。私が!

結構序盤でスバルって実は優しいんじゃない?と気付き。

そこから、早く手を出してくれ。スバルよ。。。と思いながらゲームをプレイ。

甘そうな雰囲気になりそうなのに何もしてこない。ていうか途中から血すら飲んでくれなくなった!

なんだこれ。焦らしか。焦らしなのか!?とやきもきしていました。

しかし「いいか」と聞いてくるスバルにもうドキドキが止まりませんでした。

ありがとう。スバル。ありがとう。スバル。

さっきは、レイジと一緒にいたいとか思ってしまってごめんなさい。

君が最高だよ。君しかないよ。むしろ君のためなら死ねる!!!

という感じで、私はスバルくんに惚れてしまいました。

血を吸わなくなったのもコーデリアが出なくなるためですよ。自分の欲望を我慢してユイちゃんを助けようとする其の男らしさ。末っ子なのにアッパレな男気でした。

すっごく幸せでした。スバルルートが止まらなくて、朝の7時までプレイしてしまい、朝起きた夫に怒られました。サーセン!

逆巻シュウ

逆巻シュウ

人気投票で1位だったシュウ君(ちなみに2位はスバル君だった)。

ラストの攻略キャラです。もう、長男だし。色々謎の解明がまだ残っているんだろう。大どんでん返しがあるのではないかとワクワクしていたんですが、謎の解明は弟であるレイジ君が終わらせていたので、シュウ君での謎の解明はありませんでした!

ずっとイヤホン付けていて、音楽聞いている無気力系男子。自分では何もやらないから、介護が必要です。

そう、ユイちゃんは介護士になるんです。

「お風呂入りましょうねー。はーい。お洋服脱ぎましょうねー」と甲斐甲斐しく面倒を見るユイちゃん。

最初はお母さんキャラになったのかと思っていたんですが、いや違う。これは、介護だ!!!

と、途中で気づきました。シュウ君は、おじいちゃんだったんです。

生きることに気力がない。他人にも興味がない。ダル男。怠け者。何もしたくない。

そんなシュウ君はレイジとすごく仲が悪いんですが、子供の頃、人間の友達が死んでしまったというエピソードがありました。

他の兄弟は逆巻家の中の話だったのに、シュウだけは子供の頃に人間の友達に焦点が当てられていて、お話がちょっと浮いている感じがしました。

母親もレイジの依頼によって殺されているのに、その件については何も触れず…。もっとレイジとシュウを絡めたお話できそうだったのになー。ちょっと残念でした。

そしてスバル君が素晴らしすぎたので、ラストにスバルくんを持ってくればよかったなーと思いました。
というかシュウ君に期待しすぎていたのがまずかったのかもしれません。シュウ君かっこいいのに入り込めなくて残念でしたorz

好きなキャラ順

ということで、私の好きなキャラは、

スバル>>>>シュウ>アヤト>レイジ>ライト  \カナト/

という感じでしょうか。

カナトは衝撃すぎて別枠にさせてもらいました。好きとか嫌いとかの次元ではないのです。ただただ衝撃でした!

アヤトはあまり印象に残っていないのですが、アフターストーリーで甘々なのが良かったです。萌えました。

ディアラバ 無印の感想

はい、という感じでディアラバ無印の全体の感想ですが、もうめちゃくちゃすごかったです。何がすごかったって、想像以上にヴァンパイヤのドSっぷりがハードでした。「こ、これって乙女ゲーだよね?」と何度も確認したくなるぐらい。

このゲームは賛否両論の意見があり「せっかくの乙女ゲーなのに甘くない」「ときめかない」「こわい」「痛い」「シナリオはない」「こんなのシチュエーションCDだ」とか。でもハマる人はめちゃくちゃハマっていて、ファンディスクは出てるしアニメにもなってるしで、めちゃくちゃ人気。

やってみた結果、「な、なるほど。こういうことか」と納得しましたw

私は、自ら好んでR18ゲームをやっているやつなので、ハードもグロもエロもなんでも美味しくいただけます。このゲームはドSなヴァンパイヤがやりたい放題でドMで頭の悪い主人公は、基本的に言いなりです。

ナイフで刺されても、ムチでビシバシ叩かれても、なぜか主人公は好きになってしまいます。

ああ、これがいわゆるストックホルム症候群か。。

ストックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、英語: Stockholm syndrome)とは、精神医学用語の一つで、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人と長時間過ごすことで、犯人に対して過度の同情や好意等を抱くことをいう。

〜ウィキペディア「ストックホルム症候群」より抜粋〜

そしてこのゲーム、今までやってきたような乙女ゲームではなく、ショートストーリーがたくさん詰まったゲームになっています。一人の攻略キャラに30個ほどのショートストーリーを見ながら進めるゲームです。なのでただ残虐な物語を延々と見ていくという、そしてショートストーリーは良いところで終わってしまうという、まさにドMな人には最高のゲームなのではないでしょうかww

私は戸惑いながら進めていったところ、だんだんハマっていて、レイジ攻略ぐらいからめちゃくちゃ楽しんでいました。最初は「なんじゃこりゃ!全然萌えん!」と思っていたのに不思議ですね。

不思議な魅力のディアラバ。他のゲームもどんどん進めていきたいと思います。

ということで「DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION」の評価です。

総合   ★★★★☆(4.0)

シナリオ ★☆☆☆☆
スチル  ★★★★★
キャラ  ★★★★★
音楽   ★★★★★
システム ★★★★☆

シナリオはほとんどありませんでした。スチルはとてもキレイだった。6兄弟、全員がドエスなのにキャラがかぶっていなかったのが素晴らしかった。音楽は全体的によかった。特に最後のエンディングが好きでした。システムもストレスなくサクサク遊べました。ただスキップとオートが同じボタンなのでやりにくかったかな。

製品情報


DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION - PS Vita

タイトル:DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION
対応機種:PlayStation®Vita ※PS Vita TV対応
ジャンル:ドS吸血恋愛ADV
発売日:2013年12月19日
価格:通常版 6,264円(税込) 限定版 8,424円(税込) ダウンロード版 5,452円(税込)   CERO:C(15才以上対象)
※ダウンロード版は4GB以上の空き容量がある別売メモリーカードが必要です。

キャスト:逆巻アヤト CV緑川光、逆巻カナト CV梶裕貴、逆巻ライト CV平川大輔、逆巻シュウ CV鳥海浩輔、逆巻レイジ CV小西克幸、逆巻スバル CV近藤隆

その他のシリーズ


DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION - PS Vita
主人公が逆巻家に来て1ヶ月たった頃の話です。新キャラとして無神兄弟(4兄弟)が現れるので攻略キャラは10人に。「MB」「モアブラ」と略されます。

ディアラバシリーズのオススメ順番は「[DIABOLIK LOVERS] ディアラバ シリーズのオススメのプレイ順番はこれだ!」にまとめています。

こんなにシリーズ化されているのだと驚きました。一気にやると寝不足になってしまうので、ゆったりやろうと思います。

更新情報はTwitterで行っています。よければフォローお願いします(*^^*)

ポチッと応援お願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

-PSVita乙女ゲーム(BL含む)
-

Copyright© 漫画と乙女ゲーム大好記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.